今回はジョジョの奇妙な冒険の5部のあらすじについて紹介、また考察していきたいと思います。ジョジョの奇妙な冒険の3部でDIOが倒されて、4部から新たな物語が始まっていますが、

 

5部でのあらすじはどのような内容となっているのでしょうか。またどういった登場人物がいるのかも見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

登場人物


出典:https://i0.wp.com/jojosoku.com/wp-content/uploads/imgs/2/d/2dd5fea9.jpg?zoom=1.25&resize=482%2C340

 

あらすじのの前にまずは、ジョジョの奇妙な冒険の5部の登場人物について紹介したいと思います。主人公はジョルノ・ジョバーナです。ジョルノの仲間は主にブチャラティチームに所属しています。ブチャラティチームには、リーダーのブローノ・ブチャラティを筆頭に、レオーネ・アバッキオ、グイード・ミスタ、ナランチャ・ギルガ、パンナコッタ・フーゴ、トリッシュ・ウナがいます。またサポート役としてジャン=ピエール・ポルナレフや、今までの作品で出てきた空条承太郎なども出ています。

 

敵はギャング組織パッショーネがボスのディアボロを筆頭に親衛隊スクアーロ、ティッツァーノ、カルネ、チョコラータ、セッコがいます。また、その他にもネアポリス周辺のギャングや暗殺チームのキャラクターもいます。5部でも個性の強いキャラクターがたくさん出ているようです。

 

序章


出典:http://dengekionline.com/elem/000/000/704/704572/c20130830_jojoasbplay11_001_cs1w1_540x720.jpg

 

それでは、ジョジョの奇妙な冒険の5部のあらすじについて紹介していきます。舞台は西暦2001年のイタリアです。主人公はネアポリスに住む少年ジョルノ・ジョバーナで、このジョルノはDIOの血を継ぐ息子でした。

 

ある日ギャングから助けてもらった経験からギャングにあこがれを持ち始めます。15歳になったジョルノはある日ギャング組織パッショーネのメンバーとひと悶着起こしてしまい、パッショーネのメンバーのブチャラティに狙われ始めます。

 

そしてブチャラティとの戦いに発展し、ゴールド・エクスペリエンスを使い辛くも勝利します。その後、自身の思いを打ち明け、その思いに共感したブチャラティは自身のチームに入るように勧めます。

 

その後チームに入っての初任務で、ボスのディアボロの娘であるトリッシュ・ウナをボスの元まで届けるという任務を受け、それを阻止しようとする暗殺チームとの戦いを経てボスのいるヴェネツィアに着きます。

 

しかし、その任務の真意を知りパンナコッタ・フーゴを除くブチャラティチームのメンバーはパッショーネを裏切ることを決意します。そうして、ジョジョの奇妙な冒険5部の見せ場であるパッショーネとブチャラティチームとの戦いの火ぶたがきっておとされます。

 

スポンサーリンク

新たなる戦いの始まり

ここでは戦いが始まり、ボスとの最終決戦に向かうまでのあらすじを紹介します。裏切りを知ったボスのディアボロはジョジョの奇妙な冒険5部での敵のメインキャラクターたちである親衛隊をブチャラティチームのもとに向かわせます。

 

ボスの娘であるトリッシュ・ウナのサポートもあり、親衛隊たちを倒していきボスの生まれ故郷であるサルディニア島に到着します。しかし、そこにはボスが待ち構えており、それに気が付かなかったレオーネ・アバッキオが殺されてしまいます。

 

命を落とす間際に自分のスタンドの能力を使って仲間たちにメッセージを残します。そこにまさかの人物からの通信が届きます。

 

意外な人物によるサポート


出典:http://dengekionline.com/elem/000/000/702/702405/c20130828_jojoasbplay09_011_cs1w1_720x.jpg

最終決戦の前に、かつて3部で活躍したあるキャラが登場するあらすじを紹介します。通信をしてきた意外なある人物とはかつて3部で空条承太郎とともにDIOと戦ったジャン=ピエール・ポルナレフです。

 

しかし、5部ではかつてのDIOと戦ったころの面影はなく体はボロボロで自分だけではディアボロには勝てないと判断したため、ブチャラティチームに力を貸すことでボスを倒してもらうため通信を試みたのでした。

 

心強いサポーターを得たブチャラティチームはボスを倒す方法を知るためにポルナレフを接触を試みます。

 

最終決戦


出典:http://dengekionline.com/elem/000/000/724/724287/jojoasbplay32_001_cs1w1_300x.jpg

 

最後にジョジョの奇妙な冒険の5部の最終決戦についてのあらすじです。ポルナレフに接触を試みますがその前にボスにポルナレフが襲われてしまいます。

 

ポルナレフは敗北し矢を奪われそうになりますが、その前に自分に矢の力を使い再びボスに挑もうとしますが、5部でのぼろぼろの状態でのポルナレフはその力を制御できず暴走してしまいます。

 

その暴走状態を利用してボスが矢を奪おうとしますがギリギリのところでブチャラティが自身の命と引き換えに暴走を止め、ついにジョルノが矢を手にします。

 

ここからは、ジョルノが圧倒的な力でボスをねじ伏せて勝利しますがこのシーンによってジョルノのスタンドが最強なのではないかという噂も立ちました。

 

今回のジョジョの奇妙な冒険の5部のあらすじは、かつて3部で大活躍したキャラの登場や、最強と言われているスタンドが出たりと盛り沢山ではありましたが、ボスとの戦いのあらすじがいまいちだったという声もあるようです。

 

ジョジョの奇妙な冒険の3部のボスとの戦いなどが強いイメージを持つのであれば、たしかに今回の5部のボスとの戦いは少々物足りないと感じるかもしれません。ただ、あらすじ全体としてはかなりボリュームのあるものであると感じます。

スポンサーリンク