今回はジョジョの奇妙な冒険のスタンドについて考察していきたいと思います。化け物並みのチート能力は多々あり、この5部までで3部に登場した最強ともいえる承太郎のスタンドなどがありますが、5部ではどのようなスタンドがあったのでしょうか。

 

今回は主要キャラクターを中心に一部を紹介し、考察していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

主人公ジョルノ・ジョバァーナのスタンド


出典:http://cached.static.festy.jp/thumbnail/?mediaPath=festy_production%2F2016%2F04%2F12%2F03%2F28%2F21%2F150%2Fo0640036012615407107.jpg&width=620&height&sha=b604f425343590c61d8f7c36579f358c96e09e92

 

主人公のジョルノのスタンドはゴールド・エクスペリエンスというスタンドで、能力は物質に生命を与える能力です。承太郎のように最強と言えるようなスタンドではないように思えますが、汎用性は高いため応用がかなり効くようです。万物に生命を与えるので、戦闘以外でも様々な使い方があるようです。

 

ただ、本当に強いのは矢によって新たに得たゴールド・エクスペリエンス・レクイエムです。これに関しては、承太郎のスタンド同様最強との声が多数存在するほどすさまじい能力です。

 

その能力とは攻撃されるという事象をなかったことにする、つまりは敵からの攻撃をリセットする能力です。いかなる能力で攻撃しても元に戻ってしまうので倒すことはできません。

 

さらにそのスタンドによる攻撃が死すらも元に戻してしまうという能力なので、死ぬこともなく永遠に生と死を狭間を繰り返すというとんでもない能力です。反則、チートという言葉にふさわしい能力ですね。承太郎のスタンドが無双といえるのであれば、ジョルノのスタンドは無敵というのがふさわしいのではないでしょうか。

 

ブチャラティチームに所属する仲間たちのスタンド


出典:https://i0.wp.com/jojosoku.com/wp-content/uploads/imgs/2/d/2dd5fea9.jpg?zoom=1.25&resize=482%2C340

 

ブチャラティチームには、離脱したパンナコッタ・フーゴを除けば、ジョルノ、ブローノ・ブチャラティ、レオーネ・アバッキオ、グイード・ミスタ、ナランチャ・ギルガ、そしてブチャラティチームに保護されたボスの娘のトリッシュ・ウナがいます。

 

まず、チームのリーダーであるブチャラティのスタンドはスティッキィ・フィンガーズというスタンドで、能力は殴った物体にジッパーを取り付け、その物体を切断したり接着したり等、汎用性の高い能力です。

 

アバッキオのスタンドはムーディー・ブルースというスタンドで、能力は対象の人物やスタンドの過去をリプレイできるというもので、あまり戦闘向きではないようです。グイードのスタンドはセックス・ピストルズというスタンドで、能力はスタンドによって弾丸を操るというもので単調ではあるが戦闘能力は本体の力もあり高めのようです。

 

ナランチャのスタンドはエアロスミスという飛行機型のスタンドで、能力は爆弾や体当たりなどの物理攻撃がメインのようです。

 

最後にトリッシュのスタンドはスパイス・ガールというスタンドで、能力は万物を柔らかくするというものでサブ的な能力といえるでしょう。主人公のジョルノの能力が強すぎて全然目立ちませんが各々強いところというものがあるようです。

 

スポンサーリンク

ギャング組織パッショーネのボスであるディアボロのスタンド


出典:http://dengekionline.com/elem/000/000/724/724287/jojoasbplay32_001_cs1w1_300x.jpg

 

3部にて承太郎とともに戦ったポルナレフを敗北させたディアボロのスタンドはどのようなものなのでしょうか。スタンドはキング・クリムゾンというスタンドで、能力は時間を消し去るというこれまた反則な能力です。

 

その能力で、物事の事象の過程をすっ飛ばして結果だけが起こるというものです。また、未来予知ができるエピタフという能力も持つため、この二つの能力を駆使して攻撃も防御もできるすさまじい能力です。

 

ただ、消し去られるはずの時間や、予知した未来もジョルノの能力でなかったことにされてしまうので、まさにジョルノが最強の天敵であるといえるでしょう。

 

ボスの親衛隊のスタンド


出典:http://jojo-story.xyz/wp-content/uploads/2016/11/giogio_60_021-e1480500137614.jpg

出典:http://jojo-story.xyz/wp-content/uploads/2016/11/giogio_60_025-e1480502246563.jpg

 

親衛隊には、スクアーロ、ティッツァーノ、カルネ、チョコラータ、セッコの5人がいますが、ここではボスの切り札であるチョコラータとセッコのスタンドについて紹介します。まずはチョコラータのスタンドですが、グリーン・デイというスタンドで能力は肉を腐らすカビを無差別に散布するというものです。

 

コントロールが難しいうえに、本体の性格が残虐的であるということから切り札としてボスが封じていたほどです。

 

その性格と能力からも残忍という言葉がお似合いの人物でありスタンドです。次に、セッコのスタンドですが、オアシスというスタンドで能力は周囲のものを泥化させるというものです。

 

能力はどちらかといえば汎用性の高い能力といえそうですが、そのひと癖ある性格からチョコラータ同様ボスに封じられていた切り札の一人です。敵キャラに関してはボスが目立って強いというよりは全体的に強い感じがします。

 

5部のスタンドに関する考察


出典:http://d3imsm4ymglkcn.cloudfront.net/images/item/4b/000000000080745/item_211180_l.jpg

 

5部が出るまでは最強のスタンドは承太郎のスタープラチナでしたが、ここにきてそれと並ぶのではないかとも思えるジョルノのスタンドが登場しました。ボスのディアボロとジョルノを除けば目立ってずば抜けた能力はないように思えますが、この二人の能力は桁違いの能力のように感じます。

 

ジョルノと承太郎を戦わせたらどうなるのかはかなり気になるところですが、作者の荒木氏はスタープラチナを超えるスタンドは、あったとしても承太郎の子孫が使うスタンドとのことで、作者公認ならやはり最強はスタープラチナでしょうか。

 

ただこの二人を戦わせるとなると、リセットされたという真実を上書きしてしまうのか、それとも上書きされた真実そのものをリセットできるのかという何とも矛盾する戦いになりそうで予想できない戦いですね。それでも、経験というものを考えれば承太郎に軍配があがるのでしょうか。一度はみてみたいものです。

スポンサーリンク