コードブルー 緋山事故で傷跡ができたの?

コードブルーはこれまで2008年のシーズン1から始まり、2010年にシーズン2、今年の2017年からはシーズン3が始まりましたが、2009年に新春スペシャルが放送されていた事はご存知でしょうか。

その新春スペシャルで、藍沢、白石、緋山、藤川のフェロー達と冴島の5人が大きく成長する出来事がありました。

緋山が事故に遭い、のちに傷跡として残ってしまったのもここでの話ですが、一体なにが起きたのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

コードブルー緋山が傷跡ができた、新春スペシャル そのストーリーとは

高速道路で起きた多重追突事故現場で、トンネル内は引火の危険があるため治療を一旦止めて避難しろという上の命令を無視し 治療を続けた藍沢、白石、緋山、藤川、冴島の5人は1週間の謹慎処分を受けていました。

その頃、その5人を育ててくれた救命救急センターのエースの黒田は、現場の事故により右腕が以前のように動かなくなった為、リハビリに専念するため病院を去っていきました。

謹慎処分から復帰した5人は、そのことを知り、指導役がいなくなったことで不安になります。そんな中、多数の乗客を乗せた電車が脱線転覆事故を起こし、ドクターヘリの出動要請が入りました。

指導役がいないまま5人は複雑な思いで、その現場に立ち向かおうとするのですがあまりの大惨事にこれまで経験したことのない判断を迫られました。

藍沢は、道具も揃っていない中、西条先生の指示の元で脳の中の血腫を取り除きます。

白石は、現場のトリアージ(負傷者をその度合いによって分類し、治療や搬送の優先順位を決める)を任されます。

緋山は、危険な場所での患者の処置にあたります。藤川は、出血が止まらず動かすことも出来ない青年の処置をします。

冴島は、ナースとして、みんなのサポートをします。新春スペシャルでは、それぞれが現場で時間と戦いながら、命を救うことに必死になっている姿が描かれていました。

 

緋山の傷跡はいつどこで負ったものなのか?

多数の乗客を乗せた電車が脱線転覆事故を起こした現場でのことでした。

複数の負傷者が出ている中、現場はパニック状態で藍沢、白石、緋山、藤川、冴島の5人はそれぞれが決意しながら、命を救う選択をしなければならない状態でした。

緋山も懸命に負傷者を助けようと横転した車両の上を歩いていました。そのとき急に車両が揺れ、緋山は落下し、がれきの下敷きになってしまい、心破裂という状態になりました。

緋山の傷跡は、現場で懸命に救命作業をしていたときに起こった二次災害により出来たものでした。

 

がれきの下敷きになった緋山を発見したのは誰なのか

複数の負傷者の処置に追われていた藍沢、白石、藤川、冴島の4人は患者を助けるのに必死で緋山がそんな事態になっているとは誰も気づいていませんでした。

そんな中、緋山を見つけたのは病院を去ったはずの黒田先生でした。

事故のことを知った黒田先生は元妻と息子に最後の別れを告げるため、空港に向かっている途中でしたが、医師として現場の負傷者のことが気がかりで駆けつけていました。

藤川に指示を出しながらその場で手術を見届けたりしていた為、緋山を発見するまでにかなり時間がたっていたようですが、黒田先生が駆けつけていなかったら、緋山は助からなかったかもしれません。

 

スポンサーリンク

胸に傷跡?コードブルー 緋山はその後どうなったのか

翔北へ運ばれなんとか一命は取り止めたもののしばらく意識は戻らない状態でした。緋山の父も死を覚悟して 病院に駆けつけていました。

なんとか意識を取り戻した緋山でしたが、退院した後も後遺症の不整脈で苦しむ日々が続きます。

しかし、周りにはその事を隠し続けていました。手術の跡が見えないように、常にタートルネックを着ていた緋山ですが、シーズン2のある出来事で、後遺症を克服するために心臓のカテーテル手術を受け、現在は正常に戻っています。

 

コードブルー 緋山はなぜ後遺症を克服するために手術を受けようと決断できたのか

後遺症の不整脈を隠し続けていた緋山ですが、一時的に不整脈を抑えられるように冷えたミネラルウォーターを頻繁に所持するようになっていました。

その異変に誰よりも早く気づいたのが白石でした。

緋山とはまったく正反対の性格の白石は、手術を受ければ克服できる可能性があるにも関わらず、ただその後遺症にたえる緋山をみて、克服手術を受けるように勧めますが、次第に2人の中はその事で衝突してしまいます。

無事に成功するか分からない手術を受ける事に悩んでいた緋山ですが、

自分と同じように手術を拒んでいる患者に、手術を勧めなければいけない立場に立たされた時に白石のことを思い出し、手術を受けることを決めました。

医師として緋山のために言い続けてくれた白石とは、この頃から互いに認め合う存在になっていきます。

事故にあい、傷跡は残ったものの緋山が生きているのは周りの支えがあったからなのではないでしょうか。

偶然が重なったものではなく、日頃からお互いのことを気にかけてくれる仲間や上司がいたから今があり、医師として危険な現場にも飛び込んでいけるのではないでしょうか。

緋山がその後、傷跡を隠さなくなったのは、その傷跡が共に支え合う仲間との絆のようなものに変わったからなのではないでしょうか。

コードブルー 緋山事故で傷跡ができたの?についてでした。

スポンサーリンク