カンナさーん 挿入歌の洋楽や、サントラ・主題歌とは?

渡辺直美さんが出演されている人気ドラマ『カンナさーん』は、見ていると元気がもらえますよね。

その人気の秘密は、渡辺直美さんの素敵な演技の他にも、元気が出る主題歌や挿入歌などの音楽にもあります。

人気ドラマ『カンナさーん』のサントラは、多くの大人気ドラマの楽曲を手がけてきた得田真裕さんが担当されています。

『カンナさーん』の曲と言えば、AIさんと渡辺直美さんが歌う主題歌『キラキラ feat.カンナ』はもちろん、ポップな印象を与える挿入歌が魅力的で、カンナさんらしい元気なイメージもします。

今回は近日発売を控えた『カンナさーん』のサントラを中心に、主題歌・挿入歌についてピックアップしていきます。

 

スポンサーリンク

得田真裕さんについて

まず、『カンナさーん』のサントラを手がけている得田真裕さんって誰?という方の為に、得田真裕さんについて簡単に説明いたします。

得田さんは作曲・編曲以外にもギタリストをされていて、その忙しさは今一番忙しいくらいだと言われます。

ドラマのサントラでは、過去に『THE LAST COP/ラストコップ』、『37.5℃の涙』、『花咲舞が黙ってない』、『家売るオンナ』などの人気作品のサントラを手がけられており、今年は『カンナさーん』よりも前に、『嫌われる勇気』、『母になる』のサントラを担当されています。

そんな得田さんが今回、『カンナさーん』のサントラを担当されていますが、『カンナさーん』の雰囲気に合った明るい楽曲が多く使われていて、今まで得田さんが手がけた楽曲とは少し異なった世界観を楽しめます。

 

ドラマ『カンナさーん』について

次に、『カンナさーん』ってどんなドラマ?という方の為に、ドラマについて少しスポットを当てて説明します。

渡辺直美さん主演のドラマで、シングルマザーになったファッションデザイナーのカンナさんが家事に仕事に育児に、多忙な中でポジティブに生きていく物語です。

実際に渡辺直美さんが演じるカンナさんが原作そっくりで、漫画からカンナさんが飛び出してきたかのような演技で原作ファンでも楽しむことができます。

原作は『ハガネの女』、『夜回り猫』で有名な漫画家で絵本作家もしている深谷かほる先生の漫画です。

原作でのカンナさんとドラマでのカンナさんは世界が少し違うように見えますが、パワフルで前向きなカンナさんの輝いている姿はドラマでもバッチリ再現されていますよ。

 

スポンサーリンク

サントラについて

実は、『カンナさーん』のサントラが、TBS公式通販サイトや一部店舗で現在予約受付中で、9月6日に発売予定となりました。

さらに、DMM.comでは9月23日からレンタル開始される予定で、サントラをCDショップなどでお目にかかれる日が段々と近づいています。

そして、TBS公式通販サイトからこのサントラを購入すると、数量限定でカンナさん親子がかわいらしいデザインのオリジナルショッパーが特典でもらえます。

ちなみに、通販の場合は予約後の商品到着日が地域によって発売日から日にちが前後してしまうこともあります。店舗によっては予約すると少し早めに手に入るところもあるので、予約するときは各店舗の予約票などで情報を確かめるといいですね。

 

主題歌について

主題歌は『緊急取調室2』の主題歌『最後は必ず正義が勝つ』に続いてAIさんが担当しますが、今回は『カンナさーん』主演の渡辺直美さんと一緒に歌う曲です。

AIさんが作詞作曲を手がけている曲で、AIさんが渡辺直美さんとデュエットする事が嬉しくて今回の主題歌を書き下ろしたとのことで、男女関係なく聴いてハッピーになれる曲をコンセプトとされています。

主題歌の曲名は『キラキラ feat.カンナ』で、渡辺直美さんとのフィーチャリングを前提とした楽曲となっていて、『カンナさーん』の為に書き下ろされた主題歌とも言えます。

実際に聞いてみると、AIさんのパワフルな声にポジティブな歌詞が強く乗せられ、カンナさんが励ましてくれているような気持ちになります。

AIさんだけではなく、渡辺直美さんのソロパートをよく聴いてみるとさらにポジティブな歌詞が生かされ、カンナさんにハッピーを届けられたような不思議な感じがします。

残念ながらCDのリリース予定はありませんが、この主題歌は8月1日から配信を開始されていて、現在はiTunes、レコチョクなどの主要配信サイトにて好評配信中です。

AIさんの公式youtubeチャンネルからこの主題歌のPVがショートバージョンで出ていますが、AIさんのパートと渡辺直美さんのパートが分かり易くて、かつカンナさんが語りかけているような感じで、見ていて元気が出るような仕上がりでした。

 

カンナさーん 挿入歌の洋楽について

挿入歌の曲名は『TO THE BEAT』で、劇中でカンナさんが家事をしているときに流れている挿入歌は弾けている感じで思わずノリノリになるような曲です。

『TO THE BEAT』はARTYWELL feat.MARTINAさんの曲で、カンナさんが楽しそうに仕事や家事をしているシーンでよく耳にする挿入歌で、この挿入歌を出したARTYWELL feat.MARTINAさんは他にもダンスミュージックを出してきた事があります。

『カンナさーん』の挿入歌である『TO THE BEAT』をよく聴いてみると、踊りたくなる曲調で作業が捗りそうなイメージがしていて、いつもの家事にやる気がないときにこの挿入歌を聴いてみると気分がリフレッシュできます。

しかも、劇中でカンナさんが鼻歌で挿入歌を歌っていたワンシーンがあるくらいとても活気のある曲で、聞いていると元気になれるイメージがします。

カンナさーん 挿入歌の洋楽や、サントラ・主題歌とは?についてでした。

スポンサーリンク