嘘の戦争 ネタバレ注意!最終回予想!!

 

 

草彅さんの魅力が満載!ドラマ「嘘の戦争」!!

1月10日(火)21時から、フジテレビ放送されたドラマ「嘘の戦争」。

 

 

草彅剛さんが詐欺師を演じ、その独特な風貌と迫力ある演技で話題を呼んでいます。

今回のドラマは、SMAP解散後初めてのドラマなので、気合が違いますよね!

 

 

私も毎週見ていますが、今までにない草彅さんの役者としての魅力が満載で、

毎回目が離せません。

 

 

また、視聴率も2話目から各地で上昇しており、今後の視聴率アップも楽しみですよね。

アイドルとしてではなく、役者としての草彅さんの成長が見られるドラマになっています。

 

 

「嘘の戦争」これまでのあらすじ。

30年前に家族を殺された浩一。真犯人を証言するが、嘘つき呼ばわりされ、事件も無理心中として片付けられてしまう。

 

 

天才詐欺師となった主人公・一ノ瀬浩一(草彅)。1話は、浩一の前に現れた事件の実行犯の1人、医師の五十嵐(甲本雅裕)。

 

 

2話では嘘の証言をしたニ科家の顧問弁護士・六反田(飯田基祐)を、詐欺師ならではの手法で罠にはめ、破滅に追い込みます。

 

 

3話では、幼い浩一に嘘の証言を強要した六平直政演じる刑事の三輪郁夫。

 

 

「あいつだけはこの手で直接、破滅させたい」と浩一が三輪の身辺を調べると、思わぬ人物だった事が明らかになっていく。

 

 

また、一方で晃を味方につけたことで楓との仲も急接近。浩一の作戦は万事順調だったが、ハルカ(水原希子)は、そんな浩一を複雑な思いで見つめます。

 

 

そして30年前の事件の生き残りである千葉陽一と一ノ瀬浩一が同一人物だと、まだ気付いていない隆(藤木直人)は、浩一に対しての不信感を募らせていき・・・。

 

 

真犯人は誰だ?最終回予想!

ネットでの話によると、ほとんどが養護施設の経営者・三瓶守(大杉蓮)が怪しいとのこと。。

 

 

やっぱりそう思いますよね~。まず、お父さんの友人っていうのも怪しいですし、事件後に仕事を辞めて養護施設の経営者になったのも怪しい。唯一の味方って、一番疑いますよね!!

 

 

ドラマも中盤になり、毎回ハラハラ、ドキドキで見ている方は大変ですよね。隆(藤木直人)に疑われているので、バレてしまうのではないかと、冷や汗もので見ています・・・。

 

 

また、何もかも嘘だった!なんてことはないですかね?ちゃんちゃんっ♪みたいな。

視聴者としましては、何はともあれ、ハッピーエンドで終わってほしいですね。

 

 

今から最終回の事で頭がいっぱい!!楽しみです!!

スポンサーリンク